成人矯正の目的と内容

日本においては犯罪を犯した人については裁判所の判決に従い刑務所に収監し、一定期間罪を拘束しその罪を償うという決まりがあります。その一方、服役を終えて社会復帰した際に二度と犯罪を犯さないよう、社会生活のルールを守り社会に適合して生活して行けるようにそのルールを習得させることがもう一つの目的として掲げられています。これを成人矯正といいます。この方法については様々な方法がとられています。
刑務所では、この目的を遂行させるために様々な方法が行われています。一つは刑務所内で行われる刑務作業です。刑務所によりその作業の内容に違いはありますが、企業などと同じように決まった時間に集合し決められた仕事を一生懸命に行わせることで、社会生活の規律を学ばせるとともに、仲間と共同で一つの事を成し遂げるという協調の気持ちを養わせます。さらに社会復帰した際に刑務作業で習得した技術を生かした仕事に就職することで生活を営めるようにする狙いもあります。


もう一つは、刑務所内で行われる教育や娯楽です。これらを行うことで、刑務所の中にいても社会との接点を保ち、社会から見捨てられていないという気持ちを持たせ、更生する意欲を持ち続けさせるという事を狙いとしています。

コメントは受け付けていません。