保護司が活躍する現場とは?

月とロケット保護司とは、正確には職業ではなく民間のボランティアになります。犯罪などを犯して刑務所や少年院に入ってしまった方たちの、出所後の手助けをして、社会生活を無事に送れるようにするのが保護司の主な目的です。社会での生活を円滑に行うためには、その地域の事情に詳しく通じている必要があります。そのため、その地域の生活に根付いた方が保護司としての活動を行うことになります。保護司の活動内容にはさまざまなものがあります。


まずは社会復帰の第一歩として生活環境を整えることがあります。引受人と連絡を取り合い、生活基盤として職場を探さなければいけません。環境が整った後も、生活状況についてアドバイスをしたり、困った事があったときの手助けをするなどの保護観察をします。また犯罪予防の一環として講演会や相談、街中での補導活動といった業務をおこないます。保護司にはさまざまな職業の方がいますが、活動前に保護司がどのような事を行うのか知っている人は少数です。特別な知識がなくても、保護司になると研修を受けるので安心です。また、活動中も法令の学習や報告書の作成方法などの研修を受けるようになります。地域における保護司会の研修も行われているので、より地元に密着した貢献ができます。

コメントは受け付けていません。