保護観察官になるために必要な資格

保護観察官とは、犯罪などを犯した人が刑事施設から出所し、更正して社会生活に復帰できるようにサポートする国家公務員の一種です。保護観察所や地方更生保護委員会などに配属されます。

保護観察所へ配属された場合、家庭裁判所で保護処分決定を受けた人や刑事施設から仮釈放された人の保護観察を行ったり、出所後の生活環境の調査や再犯防止に努めるよう活動を行います。地方更生保護委員会へ配属された場合は、刑事施設や少年院へ収容中の人と面接し、施設から仮釈放や仮退院できるかを審査するために必要な調査を行います。


 

保護観察官になるためには、資格を取得しなければなりません。まず、法務省専門職員(人間科学)採用試験を受験して合格しなければなりません。1次試験には多肢選択式と記述式、2次試験には人物試験、身体検査と視力検査が実施されます。専門試験の記述試験は主に、心理系分野から出題されます。

その後、法務省保護局、または地方更生保護委員会や保護観察所などの更生保護官署に法務事務官として採用された後、一定期間、更生保護行政を理解する経験を積むことが必要となります。

保護観察官には、医学や心理学、教育学、社会学などの専門的知識が求められるので、保護観察官として働く前にこれらの知識を勉強しておくとすぐに役立てることができます。

コメントは受け付けていません。